yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 121  がんばらなくていいんだよ

 入院している妻に声掛けをする。


「頑張らなくて、いいんだよ。もっと我儘にいきなさい。」


 いつもまわりに気配りして生活している妻はこれ以上気を使うとストレスがたまり体に良くない。そうでなくても病気をした人たちは、みんな大変な気の使いようである。何としても頑張って元の生活にかえろうと努力している。


「私が頑張らないとお父さんや周りのみんなに迷惑をかけるから。」
そう言って頑張っている人に「頑張って。」という言葉は禁物である。


 リハビリ担当の療法士さんが「頑張って。」という癖があって、妻はパニックを起こして落ち込んでしまう。
 気合を入れて励ます気持ちは分かるが、まずは心のリハビリから始めてもらいたい。相手の気質や体質を理解する能力が大切のようである。


「リハビリをしたくない時はしなくていいよ。できるだけのことを楽しんでやればいい。」
「いいえ。頑張ります。立ち上がること。車いすに移動できることを目的にがんばるよ。」
「がんばらなくて、いいんだよ。楽しくリハビリをしよう。」


 目的は、私の介護でベットから立ち上がり、私の介護で車いすに移動できればそれで十分である。


 それからのことは目的を達成してからのことである。お互いに「がんばらないで、ゆっくりいこう。」  私の遊行ライフだ。


http://www.ctb.ne.jp/~bonta108
 遊行ライフ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。