yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 99  芭蕉は「野ざらし紀行」の旅で大変化

 41歳の8月中旬に門人苗村千里(ちり)を同行して野ざらし紀行の旅に出た。


 旅のはじめに、富士川のほとりにさしかかった時、三つばかりの捨て子がいかにも哀れげな声で泣いている。芭蕉はこれにどのように対応したのか。この体験が芭蕉の生き方に大きな影響を与えたと考える。


『この小萩を吹く冷たい秋風に、もろい命の今宵のうちに散るか、あすはしおれるだろうかと、ひとしお哀れで、たもとから食べ物を取り出し、投げて与えて通り過ぎようとした
折の句、


 猿を聞く人捨子に秋の風いかに (猿の鳴き声にはらわたをしぼる詩人たちよ。秋風に泣くこの捨て子の声をなんと聞きたもうや)


 それにしても、一体どういうことなのか。お前は父に憎まれたのか、母にうとまれたのか。いやいや、父はお前を憎みはすまい。母はお前をうとみはすまい。ただこれすべては天の命であって、お前の生まれついた身の不運を、泣くほかはないのだ。』


 少し長くなったが、芭蕉の人生観がよく出ているので引用しました。


 江戸時代の命についての一般的な考え方が「これすべては天の命であって、お前の生まれついた身の不運を、泣くほかはないのだ。」と考えてよいのか、芭蕉の人生観としてとらえるべきか考えるところである。


 野ざらし紀行は芭蕉にとっての「遊行ライフ」の始まりであり、釈迦が旅に生きたのと重なり、釈迦と芭蕉の共通点を見ることができる。


http://www.ctb.ne.jp/~bonta108/  「 遊行ライフ」
https://conte55.blogspot.jp/2017/12/blog-post.html「ショート・ショート」