yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 88  種なしブドウ

 沢山の種類の巨峰が出回っている。県内産の安心院の巨峰、豊後高田、中津とそれぞれに少しずつ風味が違っている。
県外からも福岡産の黒木のブドウ、熊本産、長野産と各地から巨峰が入ってくる。


 どれもおいしく少しずつ風味が違うのが面白い。


 近ごろのブドウはほとんどが種なしのブドウである。
 種がないので気持ちよく食べていると時に種に出くわすときがある。


「おお、種だ。」


 何となくほっとして、種を手に取って眺めてみる。


 中には、種なしブドウと書いていて最初の一粒から種に出くわすと


「なんだこれは。」と言ってしまう。


 そして最後の一粒まで全部種に出くわすといい加減な広告に「なんだこれは。」を連発してしまう。


 種なしと書いていても、全くの種なしの時は物足りない。一つ二つは種に出会いたい。


 自分の癖を面白く内省し、みんなはどうなんだろうと思いながら種なし巨峰をつまんでいる。平和な一日である。幸せですね。