yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「か」の3 杜若(かきつばた)夏

   かきつばた似たりや似たり水の影   芭 蕉


   

       季節の花300より


   今朝見れば白きも咲けり杜若    蕪 村


   
       季節の花300より

       花言葉は「幸運、雄弁」

 あっさりとすっきりと一瞬をとらえる感性なんだなあ。


 

 いずれ文目(あやめ)か杜若(かきつばた)”= 区別できないことの たとえ、文目は乾いた土地、杜若は水の中から生えるので、2つを並べた場合は区別できそう。

 昔、花の汁で布を染めたので「書き付け花」となり、だんだん「かきつばた」に変化していったらしい。「燕子花」とも書く。

 また、万葉集の時代には「垣津幡」「加古都幡多」などと書いた。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。