yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

こんと76   カフエ・ダンチョネ  作  藤 正吾

 登場人物
◆語り手(男)
◆大木 進(72歳年金生活)
◆鈴木陽一(進の親友カフエのマスター)
◆藤田香代(町の花屋65歳、59歳の時に主人を亡くす)
◆三浦 光(客56歳55歳でリタイヤIT企業の元課長)
◆三浦俊子(客 三浦光の妻57歳)


語り手 平成20年6月15日(日曜日)の午前、梅雨の晴れ間に窓から眺める風景は湯
   けむりの中であります。


M 鶴田浩二のダンチョネ節 BG FO


語り手 カフエ・ダンチョネに顔を出すといつも数人の顔なじみがいました。今日は不思
   議と常連客は誰もいなく、大木 進が新聞に目を通しながらコーヒーとお昼の軽食
   のできるのを待っています。


陽一「もうちょっと待ってね。」
進 「時間はたっぷり、奥さんにゆっくり作るように言って、・・・ヨウちゃん、マス
  ターとしてすっかりなじんできたね。」
陽一「そう。もう10年選手になったもん。」
進 「そうやなあ。退職して12年、光陰矢の如しを実感するよ。」
陽一「それはそうと、教育界は今朝のニュースで大変なことになるよね。シンちゃんが現
  職の時の職員がいるんじゃないの。」


M 鶴田浩二のダンチョネ節 FI FO


語り手 大木 進は地元新聞の朝刊に目を落としていました。一面トップ記事に大きく
   「贈収賄容疑」「校長ら4人逮捕」「教員採用 わいろ数百万円」という見出しが
   飛び込んできて。その中に一人、大木 進が当時の校長会長として推薦書類に推薦
   のコメントを書いてハンコをついた人物がいたのです。人事異動に関しては直属の
   校長がまず推薦をして、次にその地域の校長会長が推薦をして、市の教育委員会の
   教育長の推薦で人事異動に関する手続きが形の上で整うのであります。
    12年の間に彼はここまでの役職に上り詰めていたのかと大木 進は改めて確認
   しました。
    大木進の呼び方ですが、マスターの陽一だけは小学生の時からシンちゃんと呼び
   陽一のことを進はヨウちゃんと呼び72歳を迎えました。」


SE コーヒーと軽食を運ぶ音


陽一「おまちどう。」
進 「(大きな声で)奥さん、ありがとう。」


  SE コーヒーを飲む


進 「ヨウちゃん、この藤村芳雄人事担当主幹は私が現職最後の時に本人から行政への異
  動希望が出て、推薦書を書いてハンコをついた先生なんだ。真面目でネ、子供はもと
  より父母からも絶大な人気と信望があった。教育力が抜群の申し分ない先生だった
  よ。」
陽一「どこで彼の人生が変わったのかなあ。行政に入ったことが間違いの初めかな。」
進 「先輩の生き方を見ていると人事と予算を握ったときに人柄が変わっていくようにあ
  る。人事権と予算権は人を変えるようだね。」
陽一「その点では、私もシンちゃんも人事や予算に関わりなく定年を迎えて、平凡で平穏
  な勤めを全うしたと思う。」
進 「ヨウちゃんは、最後は市の教育委員会の教育次長だったよなあ。その前は税務課の
  課長さんだったな。」
陽一「市の職員なんてのは、何でも屋で浅く広く仕事をこなしてきた。市が供養塔を経営
  するというニュースが入って、供養塔の建設委員になったので、供養塔の前で今のカ
  フエの仕事をやるチャンスが巡ってきたのよ。」
進 「ヨウちゃんは人脈が広いし、歌が上手い。市内の人で知らない人がいないくらい
  だ。供養塔の前でのカフエ・ダンチョネはいいアイデアだよ。昭和の歌が聞けて、ヨ
  ウちゃんの歌が聞ける。最高だなあ。」


SE ドアのあく音 香代が入ってくる。


陽一「いらっしゃい。香代ちゃん、今日は早いね。」
香代「マスター、モカ、お願いね。」
陽一・進 「え~え、モカ、何かあったの。」
香代「別に、何となく、モカ、なの。」
進 「そうだ。何となく、モカ、ということもある。」
香代「先生、どうしたの。」
進 「ちょっとね。」
香代「わかった。今朝の新聞ね。街中で話題になっているよ。」
進 「そうだろうなあ。いつかは問題になるだろうと思っていたことだが、こうして新聞
  記事になってみると重たいなあ。」
香代「先生もマスターも問題なく定年を迎えて、今さらながら、改めておめでとうござい
  ます。」
進 「だけどねえ、香代ちゃん、一歩間違えば私もヨウちゃんも彼らと同じことをしてい
  たかもわからないと思うと気が重い。」
香代「マスター、明るい元気の出る歌、お願い」


  M コーヒールンバ FI BG 
  SE ドアのあく音 M CO


陽一「いらっしゃいませ。・・・どうぞ。」


  SE 進の隣の席に座る。


陽一「メニューをどうぞ。」


光 「俊子さん、お昼をここで済まそうか。コーヒーはブルマンね。何にする。」
俊子「えびチャーハンお願い。」
光 「ブルマンとモカ。それにえびチャーハン二つお願いします。」
陽一「ありがとうございます。(奥に向かって大きな声で)えびチャーハン二つ。」


  SE 奥から「ハーイ」マスターのコーヒーを準備する音


  M(コーヒールンバ)FI BG  


陽一「お待ちどうさま。供養塔の見学ですか。」
光 「そうです。先祖からの墓はあるのですが、場所が辺鄙なうえに長男も次男も東京と
  千葉に家を持って、こちらには帰ってきそうにないのです。」
陽一「お子さんは二人ですか。」
光 「末っ子に娘がいます。娘に墓の守を押し付けるのもどうかと思いましてね。」
俊子「娘は今年、大学4年生でこの7月19日の教員採用試験を受けるのですが、今朝の
  新聞を見ますと親としましてとても心配です。」
陽一「そうですよね。そこに居る大木先生は元中学校の校長さんでこれからの教育界のこ
  とをとても心配してます。シンちゃんどうですかね。」
進 「何とも言えないが、今日これだけのニュースが流れたので今年は先ず不正はないで
  しょう。内輪のことで見えないことが多いので受験生も親御さんも心配でしょう。娘
  さんにお伝えください。正々堂々と真正面から取り組んでください。今年は実力を発
  揮できるチャンスです」
光・俊子 「ありがとうございます」
進 「私、大木すすむといいます。マスターだけが小さい時から、音読みでシンちゃんと
  呼び、私もマスターのことをヨウちゃんと呼びます。同級生でしかも隣同士に住んで
  いたんです。」
俊子「ここに来れば大木先生にお会いできますか。」
進 「ほとんど毎日ここにきています。午前中はここにいます。
  いつでも会いに来てください。娘さんが来られる時は、マスターのヨウちゃんに電話
  をしておいてください。陽ちゃん名刺をあげとって。」
光 「・・・鈴木陽一さん、カフエ・ダンチョネの電話がこれですね。私、三浦 光とい
  います。家内は俊子です。去年55歳でIT企業をリタイヤしましてね。隣の町で娘
  と3人暮らしです。いろいろとよろしくご指導おねがいします。」
進 「こちらこそよろしくおねがいします」


  SE コーヒーカップの音


香代「お先に・・・どうぞごゆっくり。」
陽一「香代ちゃん、玄関の花、替え取って。」
香代「ハーイ、ごちそうさまあ~。」


   M CI コーヒールンバ  FO



教育の基本 38  トップダウン & ボトムアップ

 大分県が誇るキヤノン株式会社の会長、御手洗冨士夫氏が社長時代に発言した言葉が強く私の心に残る。


「トップの任務は知恵を出し、目標を決め、戦略を立て、そして先頭に立って結果を出すことだ。」
「実行段階では現場からの意見をくみ上げて、自分の意見をチェックし、修正するのは当然のこと。」
「部下に知恵を借りるのなら、その部下が上に立った方がいい。」
「上に行くほど私的な生活はなくなる。嫌ならおりろ、といいたい、全体をよくすることに意義を感じるのが管理職だ。」


 企業に限らずあらゆる組織の管理職に参考となる発言である。


 学校では、校長としてトップダウンができる資質能力が要求される。


 学校の教育目標やカリキュラムの設定と実行に移すための戦略についての大枠についての提言を感動的に熱意をもって語ることができるか。
 具体的な取りくみや内容については教職員全員参加によるボトムアップを引き出すコミュニケーション力が管理職に要求される。


 物つくりの企業と人を育てる教育では、トップダウンとボトムアップの比率が異なってくる。教育管理職のトップダウンの割合は3程度でどちらかというと全員参加のボトムアップを7程度にしてはと思っている。


 教育活動は全教職員参加のチームワークが基本である。


 文部省や教育委員会や一人の管理職では子ども一人を育てることもできない。
 そのことを強く受け止めて、文部省・教育員会・管理職は日本の教育の在り方を構築し実施していかなければ、すべては絵に描いた餅になる。


 校長は大いに夢を語り、夢を実現させる具体的な一手を提言できるだけの資質能力を持ちたいものである。


 トップとしての自覚のないトップが大変な問題を起こしている。トップの使命と責任は大きいぞ。




 遊行ライフ十人十色の人生



江戸を見れば 102  武士に対する刑罰が緩和

 1704年元禄176年甲申(きのえさる) 綱吉の文治政治の象徴ともいうべき湯島の聖堂が前年の大火によって類焼したのを再建し11月に落成、遷座式が催された。


 文治主義(ぶんちしゅぎ)の具体化として、武士に対する刑罰の内容が緩和された。半面、幕臣や役職の綱紀の弛緩が現れ始めた。


 参考=武士の刑罰例、閉門・逼塞(ひっそく)・遠慮は武士や僧侶に対する監禁刑。自宅での謹慎で閉門が一番に重かった。門や窓を閉じて昼夜の人々の出入りも厳禁。やむを得ない場合は夜間に事を弁じる。医者を呼ぶことはできた。50日あるいは100日間の謹慎である。
 預かりは他家での身柄監禁。差控(さしひかえ)は自宅での謹慎である。
 このときの規定がその後の幕府法の準拠となった。


 時の権力者、柳沢吉保を甲府藩主(1万5千石)とする。


 武士に対する刑罰を緩和する一方で、女順礼の市中群行、僧俗が念仏講といって夜間に提灯を掲げて往来することを禁止。


初代市川団十郎が舞台で役者の生島半六に刺殺され2月19日に54歳で没した。和泉大夫の金平人形の動きを見て荒事(あらごと)ということを思いついたといわれている。


 文治政治(ぶんちせいじ)は、武断主義に対して、法律・制度の整備や儒学を中心とした教化の充実に基づく文治主義(ぶんちしゅぎ)を基本とした。
 文治政治を推進していくためにかなりの混乱が当時の世相に現れている。政治の在り方を変えることは大変なことであることが分かる。

つぶやき 113    李下に冠、瓜田に履か

『御大切の身の上を御存じなれば何故夜夜中(よるよなか)女一人の処へおいでなされました、あなた様が御自分に疵をお付けなさる様なものでございます、貴方だッて男女七歳にして席を同じゅうせず、瓜田に履を容れず、李下に冠を正さず位の事は弁(わき)まえておりましょう。』 (三遊亭圓朝『怪談牡丹灯籠』)より


 参考=李(すもも)の下で冠をかぶり直すために手を上げると、すももを盗ろうとしているような誤解を与え、瓜畑で脱げた履を探していると瓜を盗もうとしていると疑われることとなるので疑わしいまねをするものではない、との意。出典は『古楽府・君子行』


 もう20年も以前、現職の時に後輩によく言ったものである。


「重要案件や知らない人の場合は、話し合いに必ず複数の証人を置くこと、さらに、この件につきましては録音をさせていただきます。とICレコーダのボタンを押すこと。」
 このお陰でミスなく管理職を勤め上げた。いつでも職を辞する肚がなければこの取り組みはしない。


 その代わりに、自分の意志を通したい仕事のときは「レポート」を添えて申請書類を提出し、複数の人にその旨をこれも「通信」という西洋紙一枚の情報を公開した。 よく意見が通ったものだ。


「記憶の限りミスなく、公務を果たした。」


もうないよと 言って出て来る 公文書ネ ああ崩壊 ダンチョネ


もうないよと 言って出て来る 母のへそくり ありがとう ダンチョネ


http://www.ctb.ne.jp/~bonta108 遊行ライフ十人十色の人生

江戸川柳 色は匂へ  「ぬ」の3 抜身 4 濡れの幕

抜身の中へ飛込むは湯番也     湯屋での喧嘩はつい笑っちゃうね。


 抜身=抜いた刀。転じていわゆるふりちん。


義朝はぬき身をさげてうち死し   侍や暴力団員の抜き身は命がけ。


4 濡れの幕


  ぬれの幕=濡れは情事の意。歌舞伎で男女の痴態を演じる場面。


ぬれの幕などで仲人返事させ    仲人の作戦。にくいね。


ぬれの幕下女のび上り叱られる   夢中になってしまったわ。



元禄前句附 15 (前句)灯を消うちをまち兼にけり


かけがねは人の宝を探る脉(みやく) 灯を消うちをまち兼にけり


 戸締りをしているのかどうかで、女の意志がわかる。宝は女。うっかりのかけ忘れは盗人のねらい。宝は宝物。さてさて、恋人なのか盗人なのか。



元禄前句附 16 (前句)咡(ささやき)残す跡を聞たき


千木(ちぎ)入らず抜荷を買ふは目分料 咡残す跡を聞たき


 千木=上方で一貫以上のものをはかるさおばかり。


 密貿易は幕府の御法度、危険をはらむ取引は目分量で行われる。その時何を囁いていたのか知りたいのが人情。でも、巻き込まれては一大事。君子危きに近寄らず。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108
  遊行ライフ十人十色の人生